日ハム新球場にパナソニックの照明を導入--新しい観戦体験提供へ

加納恵 (編集部)2022年07月21日 10時08分

 ファイターズ スポーツ&エンターテイメントとパナソニックは7月20日、北海道日本ハムファイターズの新球場「ES CON FIELD HOKKAIDO(エスコンフィールド)」を核にした「北海道ボールパーク F ビレッジ(F ビレッジ)」においてパートナーシップ契約を結んだと発表した。照明設備や各種演出設備による新しい観戦体験を提供する。

「ES CON FIELD HOKKAIDO」外観イメージ
「ES CON FIELD HOKKAIDO」外観イメージ

 エスコンフィールドにパナソニック製の照明器具354台を導入するほか、約600台のサイネージを設置。三塁側ラウンジを「Panasonic CLUB LOUNGE」と名付け、パナソニックの製品、サービスを体験しながら試合観戦ができる場として提供する。

 エスコンフィールドは、2023年3月に開業する新球場。敷地面積5ヘクタール、収容人数は3万5000人。左右非対称の造りで、屋根の開閉が可能だ。新千歳空港と札幌のほぼ中間地点にあたる北海道北広島市に位置し、球場に加え、「沢エリア」と呼ばれる商業エリアを設けているのが特徴。天然温泉&宿泊施設のほか、商空間、体験型農園、クラフトビール醸造、レジデンスなどを備える。

「ES CON FIELD HOKKAIDO」(青い部分)と「沢エリア」(黄緑の部分)
「ES CON FIELD HOKKAIDO」(青い部分)と「沢エリア」(黄緑の部分)
商業施設のほか、体験型農園やレジデンスなどが入る予定
商業施設のほか、体験型農園やレジデンスなどが入る予定

 ファイターズ スポーツ&エンターテイメント 取締役事業統轄本部長の前沢賢氏は「球場はもちろん沢エリアの商業施設なども同時にオープンするのが今までの球場との違い。プロ野球ビジネスを生業としてきた私たちがなぜ野球に関係のないものをやるのか、とおっしゃる人もいると思うが、野球ファンはもちろんスポーツに接点のなかった人にもこの街づくりに賛同し、参加してほしいと思っている」と意図を話した。

 球場内に備えられたLED投光器は2kW相当が226台、1kW相当が128台。球場の照明はぐるりと周囲を囲うように分散設置するのが一般的だが、エスコンフィールドは前と後ろのみに配置する独特の設置方法を採用。アスリートファーストを守りながら、まぶしさの原因となる光の重なりをへらすことで、光源を見上げたときのグレアを低減。設置についても、見た目が美しい扇形ではなく、バラバラの方向にすることで照射方向を分散させ、光の重なりを減少させているという。

LED投光器(2kW相当)
LED投光器(2kW相当)
LED投光器(1kW相当)
LED投光器(1kW相当)
プレーヤーに配慮したまぶしさ抑制
プレーヤーに配慮したまぶしさ抑制

 LEDの演色性(Ra)は、IOC競技レベル基準に対応する「Ra90」にすることで、芝生やユニフォームなどを色鮮やかに映し出せるとのこと。試合観戦時に色の美しさを再現することで来場者の感動を高めるほか、DMX制御技術を使用することで、光の明るさと抑揚の組み合わせでさまざまな演出ができるなど、運営者側にも扱いやすくなっているという。

演色と演出
演色と演出

 まぶしさの抑制については、パナソニックが持つ「スポーツVR」技術を盛り込み、工事前に照明環境を事前検証することで、ビジュアルかつリアルタイムな検証を実現している。

スポーツVRのイメージ
スポーツVRのイメージ

 パナソニックでは照明機器のほか、サイネージや映像制作ソリューション、冷暖房熱源装置などもあわせて導入。「単なる機器導入で終わるのではなく、パートナーシップをいかし、アップデートを続けながら北海道日本ハムファイターズやファン、地元の方々と関係を続け、地域に貢献していきたい」(パナソニック エレクトリックワークス社 副社長マーケティング本部本部長の稲継哲章氏)と、長く関係を築いていきたいとする。

その他の納入製品について
その他の納入製品について

 前沢氏は「プロ野球は日本の人口増加のなかで成功してきたビジネスモデル。しかし人口減少の局面を日本が迎える中、過去の経験は役に立たないと思っている。対応策として競技者人口を増やすのも1つだが、野球の近くに違うものをかけ合わせる視点も非常に重要」と、新たなベースボールビジネスについて話した。

ファイターズ スポーツ&エンターテイメント 取締役事業統轄本部長の前沢賢氏(左)とパナソニック エレクトリックワークス社 副社長マーケティング本部本部長の稲継哲章氏(右)
ファイターズ スポーツ&エンターテイメント 取締役事業統轄本部長の前沢賢氏(左)とパナソニック エレクトリックワークス社 副社長マーケティング本部本部長の稲継哲章氏(右)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]