CESA、「東京ゲームショウ2022」来場者向け公式サイトを開設--国内外465社が出展を表明

佐藤和也 (編集部)2022年07月06日 20時18分

 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は7月6日、9月に開催するイベント「東京ゲームショウ2022」について、来場者向けの公式サイトを開設した。

 東京ゲームショウ2022では、3年ぶりに一般来場者が入場できる形式で開催。会期は9月15~18日までの4日間で、会場は幕張メッセ。15日と16日をビジネスデイ、17日と18日を一般公開日として開催予定。ビジネスデイ2日目の16日は、14時から一般来場者も入場できる予定となっている。

 7月6日時点の出展社数は国内299社、海外166社となり、合わせて465社。出展規模は、当初想定の1500小間を大きく上まわり、1902小間まで拡大しているという。また、TGS2022のインディーゲームコーナーに無料出展できる「インディーゲーム選考出展」に過去最多となる583タイトルのエントリーがあり、選考により81タイトルが決定したという。

 また、TGS2022のメインビジュアルも公開。3年連続でイラストレーターのくっか氏が担当し、2022年のテーマ「ゲームは、絶対、とまらない。」を表現している。

 開設した公式サイトでは、出展社一覧やメインビジュアルのほか、チケット情報などを掲載。会期に向けて、主催者企画や出展社の展示内容、公式番組などTGS2022の情報を順次掲載していくという。

「東京ゲームショウ2022」公式サイトより
「東京ゲームショウ2022」公式サイトより

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]