01Booster、スタートアップ投資に向けた1号ファンド設立--Web3や再エネなど幅広く

小口貴宏 (編集部)2022年07月05日 15時20分

 01Booster(ゼロワンブースター)は7月5日、スタートアップ投資に特化したファンド運営会社「01Booster Capital」を設立し、1号ファンドとして「01Booster 1st Investment Limited Partnership」を組成したと発表した。

 同ファンドでは、主にシードラウンド前後のスタートアップへ出資し、一部ミドル/レイターのステージにも出資を予定する。

 投資先は、01Booster Capitalが展開しているアクセラレータープログラムに参加したスタートアップに加え、Web3、ヘルステック、再生可能エネルギー、教育など、国内外の幅広い領域のスタートアップへの出資を予定している。

 1号ファンドの組成にあたっては、ストライク、中国銀行、原田産業、個人投資家などから出資を受けている。

1号ファンドへの出資企業
1号ファンドへの出資企業
 

 01Boosterは、2022年3月で創業10周年を迎えた。「日本を事業創造できる国にして世界を変える」を理念に、アクセラレータープログラムや教育事業を展開してきた。また、自己資金でこれまで35社程度に投資を実行し、3社のイグジットに至ったという。

 

 同ファンドでは、増加する資金調達ニーズに加え、01Boosterのエコシステム(事業会社、行政、イントレプレナー、大使館、研究所、スタートアップ等)を活用し、スタートアップへの出資から、事業会社や行政との連携機会の創出、IPOとM&Aを両睨みしたExit機会の創出を目指した運営を予定しているとした。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]