ビットキー、「homehub」にスマートロックのワンタイムパスコード発行機能を追加

 ビットキーは6月30日、暮らしのコネクトプラットフォーム「homehub」の法人向け管理システムに、スマートロックのワンタイムパスコード(TOTP:Time-based One-time Password)発行機能を追加したと発表した。

「homehub」の法人向け管理システムにスマートロックのワンタイムパスコード(TOTP)発行機能を提供開始
「homehub」の法人向け管理システムにスマートロックのワンタイムパスコード(TOTP)発行機能を提供開始

 あわせて、いえらぶGROUPの不動産テックに特化した業界垂直統合SaaS「いえらぶCLOUD」および業者間流通プラットフォーム「いえらぶBB」と本機能がAPI連携した。

 TOTPは、一定時間を経過すると自動で変化するパスコードのこと。セキュリティ強化を目的とした二要素認証にも使われる。

 ビットキーによると、仲介会社による内見や、入居者退去後の原状回復工事、清掃などのたびに、対面での鍵の受け渡し業務が発生し、スマートロックを活用した場合、一時的に利用できるデジタルキーの発行は可能だったが、管理会社には発行の手間が掛かるほか、物件に入室するためには、専用のスマホアプリのダウンロードやアカウントの設定が必要であったという。

 今回、不動産管理会社向け物件管理システムhomehubに、簡単な操作でTOTPを発行、表示する機能を追加。内見などの際、画面上に表示されたTOTPを仲介会社伝えることで、アプリのダウンロードやアカウントの設定をすることなく、スマートロックが設置された物件への入出が可能となる。

 原状回復業者などの利用を想定し、複数箇所のカギを連続して解錠する場合は、専用スマホアプリ上で解錠可能なカギの一覧表示も可能だ。

 homehubといえらぶBBの連携機能では、仲介会社がいえらぶBBに入力した情報をもとに、homehubで予約時間に使えるワンタイムパスコードを発行し、そのパスコードをいえらぶBBの画面上に表示する。

 仲介会社はこれまで通り、いえらぶBBから内見予約をするだけで、内見時、物件入室のために必要なパスコードの確認ができ、人の手を介することなく、内見に必要なカギの発行、通知が可能となった。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]