「タイムズカー」のAndroid版アプリがアップデート--車両ドアの解施錠機能など追加

飯塚 直 藤代格 (編集部)2022年06月29日 09時45分

 タイムズモビリティは6月28日、カーシェアリングサービス「タイムズカー」のAndroid版アプリの新バージョンを公開し、会員カードを使わずに車両のドアロックを解施錠できる機能を追加したと発表した。

 また、予約情報の確認、利用中の予約延長などができる「利用車両画面」を追加。「地図画面」のレイアウトも変更している。

キャプション

 車両のドアロックを解施錠できる機能は、事前にアプリからSMS認証を行い、対象機器として端末を登録することで利用できる。iOS版アプリ向けでは同機能を2月に追加していた。

 会員登録すれば24時間365日いつでも車両が利用できるタイムズカーは、レンタカーのように店舗で手続きをする必要がなく、出発時刻や帰着時刻を気にせずに車両を借りられるという特徴がある。

 タイムズカーの会員はこれまで、会員カードを車両のカードリーダーにかざすことでドアロックの解施錠を行ってきたが、今後はアプリで解施錠ができるようになる。利用開始や返却の際に会員カードを取出す手間が不要となり、車両の予約から利用終了までアプリのみで完結可能となった。

 ドアロック解施錠機能を周知するため、6月29日から8月31日までの期間、「アプリで利用開始も返却も!アプリを使おうキャンペーン」を実施する。タイムズカーアプリで解施錠の利用登録者などを対象に、利用料金に充当できる電子優待券「カーシェアeチケット」を進呈するものとなる。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]