兵庫県尼崎市、紛失した住民データ入りのUSBメモリーを発見

佐藤和也 (編集部)2022年06月24日 14時23分

 兵庫県尼崎市は6月24日、6月23日付けで紛失していたことを公表していた、約46万人分の住民データが入ったUSBメモリーについて、BIPROGYからの連絡により発見されたことが判明したと、尼崎市の公式サイトを通じて発表した。

 これは、住民税非課税世帯等に対する臨時給付金支給事務の受託者であるBIPROGY関西支社の関係社員が、コールセンター(吹田市)でのデータ移管作業のために必要なデータを記録したUSBメモリーをかばんに入れ、市政情報センターから持ち出し、データ移管作業完了後、飲食店に立ち寄り食事を済ませた後の帰宅時に、当該USBメモリーを入れたかばんの紛失が判明したというもの。

 USBメモリーには全市民46万517人分の住民基本台帳の情報(統一コード、氏名、郵便番号、住所、生年月日、性別、住民となった年月日)や、36万573件分の住民税にかかわる税情報(均等割額)が含まれていた。

 尼崎市では、同メモリー内にある個人情報について、関係機関と協力しながら調査を進めているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]