ソフトバンク、メタバース内に「ソフトバンクショップ」を開設

小口貴宏 (編集部)2022年06月23日 15時42分

 ソフトバンクは6月23日、メタバース内にソフトバンクショップを開設したと発表した。実際のショップクルーがアバターをまとい、10時から21時までソフトバンクおよびワイモバイルの顧客サポートを提供する。それ以外の時間帯もチャットボットによるサポートを受けられる。

10時から21時までアバターをまとったスタッフが接客する10時から21時までアバターをまとったスタッフが接客する

 ショップは、NAVER Z Corporationが運営するメタバースプラットフォーム「ZEPETO」内に「ソフトバンクショップ in ZEPETO」としてオープンした。ユーザーはZEPETOアプリをスマートフォンにダウンロードし、自分好みのアバターを作成したうえで、同ショップに来店できる。

 なお、メタバース内の店舗では、プランの契約や携帯端末の購入は受け付けていない。契約や購入を希望する場合は、ソフトバンクオンラインショップへと誘導される。実店舗と異なり、店員がユーザーの顧客情報を閲覧することもできないという。

 ソフトバンクでサービス企画本部長を務める原田賢悟氏は、メタバースへの出店先プラットフォームにZEPETOを選んだ理由について、ソフトバンクグループ全体とのシナジーを挙げた。ソフトバンクグループはVision Fund 2を通じてZEPETOに出資している。また原田氏は、ZEPETOが主にZ世代を中心に利用されているプラットフォームであることも強調した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]