ビットコインが一時2万ドル割れ--2020年末以来

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年06月20日 10時08分

 ビットコインは米国時間6月18日に続落し、一時2万ドルを割った。ビットコインが2万ドルを割るのは2020年末以来のことだ。ビットコインはそれ以降急騰し、2021年11月には6万7000ドルを超える最高値を記録していた。

ビットコインのロゴを表示したスマートフォン
提供:Sarah Tew/CNET

 ビットコインは他の暗号資産とともに、2022年に入ってから急落している。景気後退を理由に暗号資産を手放す人が増えているためだ。価値の下落は、暗号資産取引所に影響を与えており、CoinbaseとCrypto.comは、従業員の一部を解雇することを発表している。

 規制当局や議会は暗号資産に目を向けている。米証券取引委員会は、暗号資産取引所Binanceを調査しており、ニューヨーク州議会は、暗号資産のマイニングを一時停止するための法案を可決している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]