マイクロソフト、iPhoneやMacでも使えるセキュリティソフト「Defender for individuals」公開

小口貴宏 (編集部)2022年06月17日 18時55分

 マイクロソフトは米国時間6月16日、「Microsoft 365 Personal」ユーザー向けのセキュリティソフト「Microsoft Defender for individuals」の提供を開始したと発表した。

Windows、macOS、iOS、Androidで利用できる
Windows、macOS、iOS、Androidで利用できる

 Microsoft Defender for individualsは、データとデバイスに対する継続的なアンチウイルスとアンチフィッシング機能を備えており、Windowsデバイスに加えてmacOS、iOS、Androidデバイスもサポートする。

 同社はこれまでもWindowsデバイス向けに無料のセキュリティ保護を提供していた。今回、クロスプラットフォームに対応する同アプリを提供することで、1つの家庭内にWindows、iOS、Android、Macの各デバイスが混在している場合でも、家族全員のセキュリティ保護を単一のダッシュボードから管理できるようになる。

 なお、iOSとWindowsで既存のセキュリティソフトが存在する場合、同アプリのマルウェア保護機能は利用できない。また、セキュリティに関するヒントを提示する機能はiOSとAndroidでは利用できない

 マイクロソフトは公式ブログで「これは始まりに過ぎない」と述べており、今後は個人情報保護や安全なオンライン接続を確保する機能など、多くのセキュリティ機能を単一のダッシュボードに集約していくとした。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]