省庁や自治体の「偽サイト」多発、国が注意喚起--「ドメイン名の確認を」

小口貴宏 (編集部)2022年06月16日 12時50分

 政府の内閣サイバーセキュリティセンターは6月15日、政府省庁や地方自治体などのウェブサイトと同じ内容を表示する「偽サイト」が確認されたとして注意喚起を実施した。

 省庁では金融庁、消費者庁、文部科学省、デジタル庁などが、地方自治体では徳島市などの偽サイトが確認されている。これら偽サイトの中には、クリック先が悪質なサイトへのリンクに置き換えられているものがあり、サイバー犯罪などに用いられる可能性がある。

 普段と異なる方法で省庁や自治体のウェブサイトにアクセスする場合は、「リンクにポインタを置く」「アドレス欄をよく見る」などの対策を実施し、URLのドメイン名を確認する必要がある。また、不審なドメイン名の場合、別の検索エンジンを利用するなどして、本物のウェブサイトのURLを確認することも有効となる。

 政府はサイバーセキュリティ関係機関などと連携しながら、被害の拡大防止に努めるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]