「テレワークに満足」2年前の1.62倍、「無駄な飲み会・会食が減った」も増加--Stock調べ

 Stockは6月7日、テレワーク経験のあるビジネスパーソン500人を対象に「テレワークのメリットに関する意識調査」を実施し、結果を公表した。

テレワークに満足している人が2年で1.62倍に


 テレワークに満足していると回答した人は、調査対象のうち67.0%となった。2020年の調査では41.3%で、2年間で1.62倍に増加した。

 テレワークに必要な機器や仕組みが整い、働き方にも慣れたために満足度が上昇したと考えられるという。

89.0%がテレワークにより通勤のストレスから解放


 テレワークにより通勤のストレスから解放された人は、2020年の81.5%から1.09倍の89.0%に増加した。

 Stockは「通勤ストレスの軽減はテレワーク導入初期から実感しやすいメリットであり、コロナ禍が2年間継続したことで、より一層そのメリットを享受したビジネスパーソンが増加した」と考察している。

 調査対象者からは「通勤やメイクの時間が省略できるので、すぐに仕事に取り組めるところにメリットを感じています」といった声もあったという。

テレワークで「無駄な飲み会・会食が減った」86.8%


 テレワークにより「無駄な飲み会・会食が減った」と感じている人は、2020年の65.0%から1.34倍の86.8%に増加した。

 2020年4月の調査から2年が経過し、「忘年会の中止」など飲み会・会食が中止になる体験をした人が増えたことが原因と考えられるという。

 「出社すると飲み会等の支出が発生してしまう。テレワークは支出の削減にも貢献している」という声もあり、時間のほか、費用の削減にもテレワークは有用と考える人もいるようだ。

テレワークで業務効率向上実感、約7割超


 そのほか「テレワークで業務効率が上がりましたか?」という設問では、76%が効率向上を実感していると回答している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]