[ブックレビュー]“失敗”のかげにある発見とは--「セレンディピティ 点をつなぐ力」

フライヤー編集部2022年06月04日 08時00分
東洋経済新報社
内容:道に迷ってしまったとき。約束の時間を間違えて時間が空いてしまったとき。マーケティング調査で仮説と異なる結果が出たとき。そんなとき、多くの人は「失敗してしまった」と感じるだろう。こうした決めつけによって、あなたはこれまで、チャンスの種を逃してきたかもしれない。“失敗”のかげには、新たな発見や出会いが隠れていたかもしれないのだ。

 道に迷ってしまったとき。約束の時間を間違えて時間が空いてしまったとき。マーケティング調査で仮説と異なる結果が出たとき。そんなとき、多くの人は「失敗してしまった」と感じるだろう。こうした決めつけによって、あなたはこれまで、チャンスの種を逃してきたかもしれない。“失敗”のかげには、新たな発見や出会いが隠れていたかもしれないのだ。

 本書によると、「予想外の事態」は私たちの人生に大きな影響を与える。あなたも、たまたま手に取った本をきっかけに進路を変えたり、強引に誘われて出かけたイベントで素敵な人に出会ったりしたことがあるかもしれない。著者は、そうした偶然の出来事を引き寄せ、好ましい成果につなげる力、つまりセレンディピティを起こす力は誰にでも習得可能だという。

 ただ、セレンディピティが注目を集めることは驚くほど少ない。誰もが「偶然ではなく、才能あふれるこの人だから成功したのだ」と思われたいし、人は理路整然としたストーリーを好むものだからだ。それでも、セレンディピティの価値に気づける本書を読めば、世界の見え方が変わるに違いない。

 本書では、偶然の出来事が思いがけない結果をもたらしたエピソードやセレンディピティを起こしやすくするトレーニングが豊富に紹介されている。著者も認めているように、世界は決してフェアではない。だが、本書を通じて「セレンディピティ・マインドセット」を身につければ、点と点をつなげ、自らの手で運命を変えることができるかもしれない。

今回ご紹介した「セレンディピティ 点をつなぐ力」の要約記事はこちら。この記事は、ビジネスパーソンのスキルや知識アップに役立つ“今読むべき本”を厳選し、要約してアプリやネットで伝える「flier(フライヤー)」からの転載になります。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]