LG、4K有機ELテレビ史上最高画質へ--新提案「ART90」シリーズなど4K液晶合わせ一挙新モデル

加納恵 (編集部)2022年05月20日 09時00分

 LGエレクトロニクス・ジャパンは5月19日、4K有機ELテレビとして全4シリーズ12モデル、4K液晶テレビとして全3シリーズ11モデルの新製品を発表した。有機ELテレビには史上最高画質とする「LG OLED evo Gallery Edition」をラインアップする。

4K有機ELテレビとして全4シリーズ12モデル、4K液晶テレビとして全3シリーズ11モデルの新製品を発表
4K有機ELテレビとして全4シリーズ12モデル、4K液晶テレビとして全3シリーズ11モデルの新製品を発表

 LGエレクトロニクス・ジャパン マーケティング統括責任者の宇佐美夕佳氏は「LGは2013年に世界初の55インチ有機ELテレビを発表して以来、2015年には日本で有機ELテレビを展開、2017年には薄さ4mmで壁に貼り付ける有機EL、2019年には8K対応と、リーディングカンパニーとして有機ELテレビを発売してきた。2022年は歴史と技術の集大成として、新しいテレビライフを紹介する」と、有機ELテレビの歴史を振り返った。

 発表したのは、2021年に発表した次世代有機ELテレビ「LG OLED evo」をグレードアップした「LG OLED evo Gallery Edition」(OLED G2シリーズ)と、「OLED C2」「OLED B2」「ART90」の4シリーズ。有機ELテレビ史上最少となる42インチを追加し、最大83インチまで豊富なサイズをそろえた。


 OLED evo Gallery EditionとなるOLED G2シリーズは、新しい発光素材を採用し、赤、緑、青の波長を改善するとともに、新しいカラーレイヤーを追加することで色の再現性を向上。従来の有機ELテレビよりさらに明るく、高輝度方向の色表現に深みを増した画作りを実現したとしている。

  • OLED77G2PJA(77V型、発売予定日:5月下旬、想定税込価格:83万円前後)
  • OLED65G2PJA(65V型、発売予定日:5月下旬、想定税込価格:55万円前後)
  • OLED55G2PJA(55V型、発売予定日:5月下旬、想定税込価格:40万円前後)

 映像エンジンにはリアルタイムAIプロセッサー「α9 Gen5 AI Processor 4K」(OLED B2シリーズは「α7 Gen5 AI Processor 4K」)を採用し、地上波でも、ネット動画でもコンテンツに合わせた高画質を再現する。

 ART90は、デンマークを代表するファブリックメーカーkvadrat(クヴァドラ)と協業したデザインを採用。ファブリック部にスピーカーを備え、上下に動くことで、モニターのサイズを変えられる「ラインビュー」が特徴だ。ラインビューで時計や音楽再生など映像視聴以外の使い方もできる。

「ART90」シリーズ。ディスプレイのサイズを変えられる
「ART90」シリーズ。ディスプレイのサイズを変えられる

 OLED C2シリーズは、83、65、55、48、42インチと5サイズを用意。別売アクセサリーとして、壁にぴったり密着させて設置できる「ギャラリーデザイン」と、シンプルな4本足デザインの「フロアスタンド」をそろえる。

 OLED B2シリーズは、Dolby VisionIQとDolby Atmosに対応した高画質、高音質な有機ELスタンダードモデル。最新ゲームスペックに対応し、高速ゲーム体験が可能だ。

  • 65ART90EJQA(65V型、発売予定日:6月中旬、想定税込価格:99万円前後)
  • OLED83C2PJA(83V型、発売予定日:5月下旬、想定税込価格:99万円前後)
  • OLED65C2PJA(65V型、発売予定日:5月下旬、想定税込価格:45万円前後)
  • OLED55C2PJA(55V型、発売予定日:5月下旬、想定税込価格:32万円前後)
  • OLED48C2PJA(48V型、発売予定日:5月下旬、想定税込価格:25万円前後)
  • OLED42C2PJA(42V型、発売予定日:5月下旬、想定税込価格:24万円前後)
  • OLED77B2PJA(77V型、発売予定日:6月中旬、想定税込価格:60万円前後)
  • OLED65B2PJA(65V型、発売予定日:6月中旬、想定税込価格:39万円前後)
  • OLED55B2PJA(55V型、発売予定日:6月中旬、想定税込価格:27万円前後)

 液晶テレビは、量子ドットMiniLED液晶の「QNED85JQA」と、量子ドット液晶の「QNED80JQA」、LG UHD TVの「UQ9100」の3シリーズを用意。43インチから86インチまでをラインアップする。


 QNED85JQAシリーズは、MiniLEDバックライトに、量子ドットテクノロジーとナノセルカラーテクノロジーを組み合わせることで、より明るく、より深い黒を再現。QNED85JQAシリーズでは、リアルタイムAIプロセッサー「α7 Gen5 AI Processor 4K」とあわせ、視聴している映像のジャンルだけでなく、シーンごとに最適な映像を自動で適用する。QNED80JQAシリーズは、量子ドット4K液晶テレビ「LG QNED」を採用。毎秒120フレーム表示でなめらかな動きを再現する。

  • 86QNED85JQA(86V型、発売予定日:6月中旬、想定税込価格:66万円前後)
  • 75QNED85JQA(75V型、発売予定日:6月中旬、想定税込価格:44万円前後)
  • 65QNED85JQA(65V型、発売予定日:6月中旬、想定税込価格:35万円前後)
  • 55QNED85JQA(55V型、発売予定日:6月中旬、想定税込価格:28万円前後)
  • 55QNED80JQA(55V型、発売予定日:6月中旬、想定税込価格:17万円前後)
  • 50QNED80JQA(50V型、発売予定日:6月中旬、想定税込価格:15万円前後)

 UQ9100シリーズは、43インチから75インチまでをそろえたエントリーモデル。AIプロセッサーは「α5 Gen5 AI Processor 4K」を採用する。

  • 75UQ9100PJD(75V型、発売予定日:5月下旬、想定税込価格:22万円前後)
  • 65UQ9100PJD(65V型、発売予定日:5月下旬、想定税込価格:17万円前後)
  • 55UQ9100PJD(55V型、発売予定日:5月下旬、想定税込価格:13万円前後)
  • 50UQ9100PJD(50V型、発売予定日:5月下旬、想定税込価格:12万円前後)
  • 43UQ9100PJD(43V型、発売予定日:5月下旬、想定税込価格:10万円前後)

 全機種に、おすすめのコンテンツを表示したり、ホーム画面に表示されるアプリを自分仕様にカスタムできる個人アカウント設定を採用。テレビに話しかけるだけで操作できる独自のAI「ThinQ AI」を備えるほか、ネットフリックスやHulu、Amazon、Prime Video、ディズニープラスなどネット動画にも対応する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]