TVS REGZA、新「レグザエンジンZR α」を搭載した4K有機ELと4K液晶

 TVS REGZAは5月17日、4K有機ELレグザ「X9900L」シリーズと4K液晶レグザ「Z875L/Z870L」シリーズを発表した。「タイムシフトマシン」機能を備え、見逃した番組もすぐに再生できる。発売は6月中旬から順次。

 発表されたのは、有機ELテレビX9900Lシリーズの「65X9900L/55X9900L」(想定税込価格:55万円/38万5000円)と、4K液晶テレビZ875L/Z870Lシリーズの「75Z875L/65Z875L/55Z870L」(同:55万円/41万8000円/30万8000円)の3シリーズ5モデルになる。

4K有機ELレグザ「X9900L」シリーズと4K液晶レグザ「Z875L/Z870L」シリーズを発表した
4K有機ELレグザ「X9900L」シリーズと4K液晶レグザ「Z875L/Z870L」シリーズを発表した

 X9900Lシリーズは、65V型の65X9900Lと55V型の55X9900Lの2モデルをラインアップ。新世代レグザ専用高コントラスト有機ELパネルは、従来モデルに比べ輝度を約2割アップしており、明るく鮮やかかつ黒の引き締まった新世代画質を実現しているという。

 トップトゥイーター、サイドトゥイーターに2ウェイバスレフボックスメインスピーカー、「重低音バズーカ」、スクリーンスピーカーと10個のスピーカーを大出力アンプで駆動する「重低音立体音響システムXHR」を内蔵。ハイレゾ再生にも対応する。

4K有機ELレグザ「55X9900L」
4K有機ELレグザ「55X9900L」

 Z875L/Z870Lシリーズは75V型の75Z875L、65V型の65Z875L、55V型の55Z870Lの3モデルを用意。MiniLED 広色域量子ドット液晶パネルは、多くのLEDを緻密に配置することで高輝度化し、広色域量子ドットの採用で色鮮やかな高画質を実現する新パネルで、「液晶最高峰レグザ」と謳う。

 トップトゥイーター、重低音バズーカ、2ウェブバスレフボックス、メインスピーカーを備えた「重低音立体音響システムZP」を内蔵。迫力のサウンドを再生する。

4K液晶レグザ「65Z875L」
4K液晶レグザ「65Z875L」
4K液晶レグザ「55Z870L」
4K液晶レグザ「55Z870L」
 LED 広色域量子ドット液晶パネルのカットモデル
LED 広色域量子ドット液晶パネルのカットモデル

 X9900L/Z875Lシリーズには、新エンジン「レグザエンジンZR α」を搭載。ディープニューラルネットワーク(DNN)のAIエンジンを備え、リアルタイムでの高ビット精度の信号処理と最新の超解像技術により、臨場感にこだわった高画質を再現する。

「レグザエンジンZR α」
「レグザエンジンZR α」

 被写体と遠景を識別して、それぞれの部分に適した超解像処理を施す「AI ナチュラルフォーカステクノロジー」のほか、不自然にカラーシフトした顔色をより自然な色に補正し、人物に適した超解像処理により立体感のある美しい人物映像を描き出「AIフェイストーン再現技術」などを備え、リアルな高画質を追求。ネット動画の特性に合わせて高画質処理をする「 AIネット動画高画質アルゴリズム」と放送波のノイズを低減しつつ、動きのある映像で発生する残像を抑えることで、クリアな映像を再現する「放送波高画質アルゴリズム」により、ネット動画でも放送波でも最適な画質を得られる。

 リモコンにはNetflix、Amazon Prime Video、ディズニープラスなどのネット動画へのダイレクトボタンを用意。好みのネット動画を追加できる「My Choiceボタン」も2つ備える。

リモコン
リモコン

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]