KDDI、自宅向けVRレーシングシミュレーター--ゲーミングPCなどをパッケージ、298万円

 KDDIとauコマース&ライフは5月16日、総合ショッピングサイト「au PAY マーケット」の直営店である「au PAY マーケット ダイレクトストア」の限定商品として、VRレーシングシミュレーター「DRiVe-X code-F au PAY マーケットモデル」を5月19日に発売すると発表した。

キャプション

 販売価格(税込)は298万円で、ガラスフレークメタリックレッド、ガラスフレークカルフォルニアブルー、ガラスフレークウルトラホワイト、ガラスフレークグラファイトブラックの4色をラインアップする。

キャプション

 DRiVe-Xは、アイロック(IROC)が開発したドライビングシミュレーター。加減速やコーナー走行時の傾きなどの動きを再現でき、実車を運転しているかのようなリアルなドライビング体験を自宅などで楽しめる。

キャプション
キャプション

 なお、KDDIはIROCと共に脳科学とIT技術を組み合わせたブレインテック活用の実証実験などを行っており、eモータースポーツプレイヤーの活躍の場を広げる取り組みを実施。auコマース&ライフも取り組みに賛同しているという。

 今回、実証実験にPCやCPUなどの機材提供で協力するインテルとのコラボレーションにより、DRiVe-Xに最適なゲーミングPCと、IROCが選定したモニター、ペダル、ホイール、サウンドバーなどを組み合わせたau PAY マーケット限定パッケージを用意した。

 パッケージ内容は、DRiVe-X code_Fの本体と、SIMAGIC STRG ホイールベース「Alpha-B」、SIMAGIC フォーミュラステアリング「GT4-C-CV1」、SIMAGIC 3ペダル「P2000-L200」、ASUS 49inchスーパーウルトラワイドHDR曲面ゲーミングモニター「Rog Strix XG49VQ」、MISUMI モニタースタンド「NEFS01」、Lenovo ゲーミングタワーPC「Legion T770i」、HP VRヘッドセット「HP Reverb G2 VR Headset(1N0T5AA#ABJ)」、ソニー サウンドバー「HT-S200F」で構成する。

キャプション

 対応するゲームソフトは、「iRacing」「Assetto Corsa」「Assetto Corsa Competizione」「rFactor」「rFactor 2」「rFactor PRO」「DiRT Rally」「DiRT Rally2.0」「ProjectCars」「ProjectCARS2」「Live for Speed」「F1 2021」「F1 2020」「Euro Truck Simulator 2」「KartKraft」となっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]