Snap、手のひらサイズのカメラドローン「Pixy」発表

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年05月02日 08時28分

 「Snapchat」を運営するSnapが、写真や動画を撮影するための新たな手段を提供する。手のひらサイズのカメラドローン「Pixy」だ。

Pixy
提供:Snap

 このドローンは米国時間4月28日、米国とフランスで発売された。Pixy.comで購入できる。価格は229.99ドル(約3万円)から。Pixyで撮影した写真や動画は、コンテンツを後で使用するために保存できるSnapchatの「Memories」に保存される。

 Pixyは、ソーシャルメディア企業が実験的にコンシューマー向けハードウェア製品を展開する新たな例だ。Snapは、自動消滅するメッセージアプリSnapchatで知られているが、自社をカメラ企業だとしている。Snapは2021年、実世界のビューにクリエイターがデジタル画像を重ねて表示することのできるARグラス「Spectacles」の最新版を発表した。Snapが自撮り用のドローンを開発しているとのうわさは何年も前から浮上していた。

 Snapは、28日に開催した第4回年次パートナーサミット「Snap Partner Summit 2022」でPixyを発表した。

 Pixyを使うには、ボタンを押し、フライトパス「hover」「orbit」「reveal」「favorite」「follow」のいずれかを選択する。例えば、「follow」を選択すれば、ユーザーがハイキングに出かけたり、街を歩いたりする際にユーザーをフォローする。Pixyは宙を舞い、ユーザーの手のひらに戻るまでに撮影する。Snapの最高経営責任者(CEO)Evan Spiegel氏は、「コントローラーはなく、複雑な設定もない。ただフライトパスを設定して、そこから飛ばせばよい」と話した。

 Snapchatの月間アクティブユーザー数は世界で6億人以上、デイリーアクティブユーザー数は3億3000万人以上だと同社は述べている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]