ジェクトワン、空き物件をコインパーキングにして土地活用

 ジェクトワンは4月26日、コインパーキングによる土地活用として、同社初の自社運営コインパーキング「アキサポパーク 向島3丁目」を、東京都墨田区向島オープンした。

「アキサポパーク 向島3丁目」
「アキサポパーク 向島3丁目」

 ジェクトワンは、2016年より首都圏を中心に空き家活用事業「アキサポ」を展開するとともに、企画コンサルティングから建物管理、売却、解体、建替まで、活用できない空き家についてもトータルでサポートする「アキサポplus」を提供している。

 アキサポパーク 向島3丁目は、土地所有者よりアキサポに相談のあった空き物件の敷地内に設置したもの。同敷地内の空き倉庫は、アキサポにより補修をしたうえでトランクルームとして活用し、空き倉庫以外の空きスペースを、アキサポplusで土地活用することになった。

 今回アキサポplusでは、敷地内の限られた空きスペースを、コインパーキングとして活用。軽自動車専用1台を含む計3台の駐車スペースを設けた。なお、ジェクトワンが自社運営のコインパーキングを設置するのは、今回が初となる。

 ジェクトワンではこれまで、空き家や土地活用の相談を受けた際、活用方法としてコインパーキングを提案する場合は、社外に運営を委託していた。今後はアキサポパークというブランド名でコインパーキングを自社運営し、サービスと事業の拡充を図る。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]