アップル、衛星通信対応「Apple Watch」やM3搭載「iMac」を計画か

Alexandra Garrett (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年04月26日 11時03分

 Appleが「Apple Watch」と「iMac」のアップグレード製品を計画している可能性が出てきた。BloombergのMark Gurman記者が米国時間4月24日に配信したニュースレターによると、衛星通信に接続できるApple Watchや「M3」ベースのiMacが開発されている可能性があるという。

Apple Watch Series 7
Apple Watch Series 7
提供:Lisa Eadicicco/CNET

 M3ベースのiMacが登場するのは早くても2023年末になりそうだが、Apple Watchは年内か2023年中に衛星通信機能を搭載する可能性があると、次期Apple製品に関する詳しい予想で定評のあるテクノロジー系記者のGurman氏は述べている。

 衛星通信機能は「iPhone 13」への搭載がうわさされながら実現しなかったが、この機能があれば、緊急時に携帯通信のサービス圏外にいるときでも、緊急連絡先にショートメッセージを送信できるようになる。また、2022年秋の発売が予想されている「iPhone 14」にこの機能が搭載されるといううわさもある。

 iMacに関して言えば、M3チップに関連する詳しい情報は、その多くが不確かなものだ。しかし、Appleは2022年中に発売される可能性がある複数の新しい「Mac」モデルで、次世代の自社製チップ「M2」シリーズを積極的にテストしていると報じられている。これらのモデルには、「MacBook Air」と「Mac mini」、エントリーレベルの「MacBook Pro」などが含まれているとされる。

 Appleはコメントの依頼にすぐには応じなかった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]