ボーズ、向きに応じてサウンドを最適化するワイヤレススピーカー「SoundLink Flex」

加納恵 (編集部)2022年04月21日 13時20分

 ボーズは4月21日、Bluetoothスピーカーとして「Bose SoundLink Flex Bluetooth Speaker」(SoundLink Flex)を発表した。スピーカーの向きを自動検知しサウンドを最適化する「Bose PositionIQ」を搭載する。同日から発売しており、税込価格は1万9800円。

Bose SoundLink Flex Bluetooth Speaker」
Bose SoundLink Flex Bluetooth Speaker」
ストーンブルー、ブラック、ホワイトスモークの3色をそろえる
ストーンブルー、ブラック、ホワイトスモークの3色をそろえる

 SoundLink Flexは、筐体に収まる限界の大きさとなる「カスタムトランスデューサー」を搭載し、クリアなサウンドを再生。加えて「デュアル・オポージング・パッシブラジエーター」により、パワフルな音質再生を実現する。

 高さ9.04cm×幅20.14cm×奥行き5.23cmで、重量約580gのコンパクトボディ。IP67に準拠した防塵、防水性能を備え、ソフトシリコンの背面とパウダーコーティングのスチールグリルを採用。落下や衝撃、腐食、紫外線に強く、アウトドアでの使用にも対応する。Bose PositionIQにより、縦置きでも横置きでも最適なサウンドの再生が可能だ。

 Bluetoothは、シンプルな音声コマンドでペアリングができ、最大8台のデバイスを記憶することが可能。「Bose Connectアプリ」を使えば、操作、設定のカスタマイズのほか、最新のソフトウェアダウンロードにも対応する。最大12時間の連続使用ができるリチウムイオンバッテリーを搭載。充電にはUSB typeCを使用する。

 SoundLink Flexを2台ペアリングしてつかったり、ボーズのほかのBluetoothスピーカーとペアリングすれば、ステレオモードの使用も可能だ。ボディカラーはブラック、ホワイトスモーク、ストーンブルーの3色をそろえる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]