アップル、グーグル、サムスンが進める2022年スマートウォッチ計画

Lisa Eadicicco (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年05月03日 07時30分

 スマートウォッチ業界にとって2022年は大きな年となりそうだ。「Apple Watch」やサムスンの「Galaxy Watch」に次世代モデルが登場するなど、いわば想定内の進化が予想される一方で、いくつかの注目すべきマイルストーンも達成されそうだ。例えば、Googleは春か秋に初の「Pixel Watch」を発売するとうわさされている。傘下のFitbitも、「Wear OS」を搭載した初のスマートウォッチを出す可能性がある。

各社のスマートウォッチ
提供:Lexy Savvides/CNET

 Pew Research Centerが2020年に公開した報告書によると、米国では成人の5人に1人がスマートウォッチまたはフィットネストラッカーを利用している。また、Counterpoint Researchのデータによると、スマートウォッチ業界は2021年に前年比24%増の成長を遂げた。そう考えると、AppleやGoogle、サムスンが2022年、ウェアラブル技術にさらに力を入れようと考えていたとしても不思議ではない。

 2022年に登場するとうわさされているスマートウォッチの中から、注目株を紹介する。

Apple Watch Explorer Edition

Apple Watch
提供:David Carnoy/CNET

 Bloombergによると、2022年はAppleのスマートウォッチにタフ仕様の新型モデル「Explorer Edition」が加わる可能性があるという。新モデルは、野外活動やエクストリームスポーツ向けの堅牢なウォッチになると記事は伝えている。機能は通常のApple Watchと同じだが、カシオの「G-SHOCK」のような耐衝撃性が加わる見込みだ。

 このモデルはApple社内ではExplorer Editionと呼ばれているが、実際の製品名は不明だ。Bloombergは過去にもタフ仕様の新型Apple Watchが2022年に登場する可能性を報じており、新モデルは毎年秋に開催されるAppleの製品イベントで発表される可能性が高い。「Apple Watch Series 7」で前面クリスタルの耐久性が強化されたことが示しているように、Appleは近年、スマートウォッチの堅牢性向上に取り組んでいる。

 筆者は、こうしたタフモデルのターゲット層ではないが、Appleがどんなタフ仕様のスマートウォッチを出してくるかには興味がある。堅牢なスマートウォッチはエクストリームスポーツの競技者だけでなく、建設作業員やレンガ職人、庭師、整備士など、身体を酷使する仕事に就いている人にも理想的だ。

Apple Watch Series 8

Apple Watch Series 7
Apple Watch Series 7は、前年のモデルよりもやや画面が大きくなった
提供:Lexy Savvides/CNET

 今秋に開催されるApple恒例の製品イベントで登場すると予想されているのが「Apple Watch Series 8」だ。BloombergThe Wall Street Journalの予想では、新機能の目玉は体温センサーだ。後者によると、このセンサーは、いわゆる「妊活」への活用を意識したものになる可能性があるという。体温センサーはすでにOuraやFitbitの健康トラッカーには搭載されている。

 一方、血糖値や血圧のモニタリングといった大型の機能追加には、まだ数年かかると各社の記事は伝えている。そのため、Series 8は現時点での処理やデザイン面の進化を反映したものとなるだろう。

 それでも、Appleが体温測定機能をApple Watchにどう組み込むのかは気になるところだ。他にもバッテリー持続時間の延長、睡眠トラッキングの充実、ワークアウト後の回復に関する測定基準といった機能の追加が期待されている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]