SpaceX、有人宇宙船「Crew Dragon」の製造を終了か

Amanda Kooser (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年03月29日 11時10分

 SpaceXが有人宇宙船「Crew Dragon」の製造を終了したと、Reutersが米国時間3月28日に報じた。Crew Dragonは国際宇宙ステーション(ISS)に宇宙飛行士を運び、帰還させる宇宙船だ。同社幹部はReutersに対し、製造済みの4機を再利用していくと述べたという。

Crew Dragon
SpaceXは製造済みの4機を再利用していくという
提供:SpaceX

 Crew Dragonは、ISSに人員を運んだ初の民間宇宙船であり、最大7人が搭乗できる。Reutersによると、2020年以来5人の宇宙飛行士を宇宙に運んでいる。

 SpaceXは、今後のためにCrew Dragonの部品製造は続ける計画だが、今後は同社ロケット「Starship」の初の軌道飛行試験に注力する。SpaceXのCEOであるElon Musk氏が先ごろ発表したところによると、この飛行試験は5月の実施を目標としているが、それにはまず、規制当局の米連邦航空局(FAA)から複数の許可を得なければならない。

 SpaceXのロケットとしては最大のStarshipは、米航空宇宙局(NASA)が宇宙飛行士を月まで送り、帰還させるために使われる予定だ。またMusk氏は、Starshipが2020年代の終わりまでに火星に人を送り込む宇宙船となることを期待している。Starshipはこれまで高高度飛行に数回成功しているが、宇宙空間にはまだ到達していない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]