国税庁、e-Taxの接続障害を受けて確定申告の期限を個別申請により延長する対応

佐藤和也 (編集部)2022年03月15日 11時42分

 国税庁は3月15日、国税電子申告・納税システム「e-Tax」の接続障害を受け、2021年分の確定申告については、個別に申告期限を延長し、後日提出での対応をとることを発表した。

 e-Taxの接続障害は3月14日に発生。国税庁の発表によれば、システムの再起動により、3月15日午前7時時点において、つながりづらい状態は改善されているものの、未だ障害原因の解明には至ってないという。

 所得税ならびに復興特別所得税、贈与税については、3月15日が確定申告の期限であるため、今回のe-Taxの接続障害により期限内の申告が困難な場合には、個別に申告期限を延長し、後日提出することでの対応を取ると告知している。申告書に「e-Taxの障害による申告・納付期限延長申請」である旨を記載する。確定申告書等作成コーナーを利用してe-Taxで提出する場合は「特記事項」に、各種会計ソフトを利用してe-Taxで提出する場合は所得税の申告書等送信票(兼送付書)の特記事項欄に記載。申告書を書面で提出する場合は、申告書の右上の余白に記載する。

 なお、この方法による延長申請ができる期間については、障害が解消した後に改めて告知するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]