「iPhone」受託生産のFoxconn、深センで生産を一時停止--コロナ感染拡大で

Alexandra Garrett (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年03月15日 07時41分

 Appleの主要サプライヤーで「iPhone」などの製品を生産する鴻海科技集団(Foxconn)が、中国の深センにある生産拠点の業務を一時的に停止した。これは、中国国内での新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、中央政府が深セン市全域のロックダウンを発表したことを受けての措置だ。

Foxconn
提供:Ceng Shou Yi/NurPhoto via Getty Images

 Bloombergが米国時間3月13日に報じたところによると、Foxconnは深センにある2カ所の拠点を操業停止とし、同時に生産を他の拠点に移すことでロックダウンの影響を緩和しようとしているという。

 同社は業務停止期間を明らかにしなかったが、Bloombergは20日まで続く見込みと報じている。

 深セン市のロックダウンが実施されたのは、中国全土で12日のコロナ新規感染者数が3300人を超えたため。全土の人口が14億人を超える中国は、ゼロコロナ政策という、他の多くの国とは異なるコロナ対策をとっており、1000万人を超える国民が厳しいロックダウン措置の影響を受けるとみられている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]