TikTok、独自の音楽配信プラットフォーム「SoundOn」をリリース

Dan Avery (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年03月11日 11時39分

 TikTokは米国時間3月9日、独自の音楽配信・マーケティングプラットフォーム「SoundOn」をリリースした。アーティストは、「Apple Music」「Spotify」「Pandora」などの大手グローバルプラットフォームに加えて、TikTokアプリにも自身の楽曲を直接アップロードできる。

TikTokのロゴ
提供:James Martin/CNET

 配信は無料で、字節跳動(バイトダンス)が手がけるプラットフォーム(音楽ストリーミングサービス「Resso」やTikTokなど)にアップロードされた楽曲のロイヤリティーは、すべて無期限でアーティストが受け取る。同社以外のプラットフォームの場合、2年目から10%の手数料がかかる。

歌手のMuni Long氏
歌手のMuni Longさんは、SoundOnのローンチ時から参加するアーティストの1人だ
提供:Jerritt Clark/Getty Images for Femme It Forward

 SoundOnでは、楽曲タブを開設して、TikTokプロフィールの下に楽曲を表示させることができる。著名なTikTokクリエイターを通じたプロモーションや、視聴者の分析も利用できる。一定の条件を満たすアーティストは認証バッジを申請できる。

 また、アーティストを発掘して育成する独自のA&Rサービス「SoundOn+」にエントリーすることもできる。

 SoundOnの音楽担当グローバル責任者Ole Obermann氏は次のように述べている。「新しいアーティストや音楽クリエイターは、TikTok内で活気あるコミュニティーとなっている」「SoundOnの目的は、キャリアの第一歩を踏み出そうとしているアーティストを支援することだ」

 SoundOnは2021年秋からベータテストを実施していたが、このほど米国、英国、ブラジル、インドネシアで全機能を利用できるようになった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]