Fitbit、過熱による火傷のおそれでスマートウォッチ「Ionic」をリコール--返金で対応

 Google傘下のFitbitは、スマートウォッチ「Fitbit Ionic」の内蔵バッテリーが過熱して火傷につながるおそれがあるとして、自主回収すると発表した(米国向け日本向け)。

Fitbit Ionicをリコール(出典:Fitbit)
Fitbit Ionicをリコール(出典:Fitbit)

 Fitbit Ionicは、2017年に発売し、日本でも販売していた。ただし、2020年に生産を終え、現在は取り扱っていない。米国の消費者製品安全委員会(CPSC)によると、米国だけで約100万個、米国以外の各国で約69万3000個が販売されたという。

型番は「FB503」(出典:Fitbit)
型番は「FB503」(出典:Fitbit)

 回収理由について、Fitbitはバッテリー過熱による火傷の危険性と説明。CPSCは、異常な温度上昇の報告が、米国内で少なくとも115件、米国外で59件寄せられたとした。さらに、米国では火傷を負ったとの報告が78件あり、III度熱傷に至った事例は2件、II度熱傷は4件報告されている。米国以外からは、40件の火傷が報告された。

 Fitbit Ionicを持っている場合は、異常が発生していなくても直ちに使用を中止する必要がある。ユーザーへの補償策として、Fitbitは299ドル(約3万5000円)返金する。Fitbit Ionicの交換には応じない。さらに、90日間限定でFitbit製品の40%特別割引販売も実施する。

 返金などは、ウェブサイトで申し込める。問い合わせ専用ダイヤル(080-0333-2509)も開設した。

Fitbit、声明文を発表

 なお、Fitbitは3月3日、自主回収を受けて下記の声明文を発表した(3月4日15時25分追記)。

 Fitbitは、お客様の安全を常に最優先事項としております。この度、慎重を期してFitbit Ionicスマートウォッチを自主的にリコールすることと致しました。

 非常に限られた件数ですが、Fitbit Ionicスマートウォッチのバッテリーが過熱し、火傷の危険があるという(米国規制当局発表の合計では、販売台数の0.01%未満)報告を受けています。

 これらの事故は非常にまれであり、このリコールは他のFitbitスマートウォッチやトラッカーには影響を及ぼすことはありません。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]