西濃運輸、同社初のEVトラック2台導入--「グリーン物流」向けプロジェクトの一環で

藤代格 (編集部)2022年03月02日 17時14分

 西濃運輸は3月2日、CO2や汚染物質を排出しないEVタイプのトラックとなる、三菱ふそうの3トントラック「eCanter」を2台導入したと発表した。

導入したEVトラック
導入したEVトラック

 グループ会社の西濃シェンカーと共同で展開する、グリーン物流に関する共同プロジェクトの一環で、走行テストの実施後、4月から家庭向け電子機器などの製品配送に専用で利用する。

 西濃運輸は、専用列車(ブロックトレイン)やダブル連結トラックの運用など、脱酸素社会の実現に向けて環境負荷の小さい輸送手段に転換する“モーダルシフト”を推進している。EVトラックの導入は同社として初になるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]