実在都市と連動するメタバース「バーチャル大阪」が本格展開--「バーチャル渋谷」とのワープも

 KDDIは2月24日、都市連動型メタバース「バーチャル大阪」を2月28日から本格展開すると発表した。道頓堀をモチーフに大阪城、梅田スカイビルといった大阪市内の代表的なランドマークを配置した「新市街」エリアが登場し、大阪の都市の魅力を国内外に発信する。

キャプション

 バーチャル大阪は、2021年12月にプレオープンした都市連動型メタバース。アカウントは無料で作成可能で、「cluster」アプリをインストールしたVRデバイス、スマートフォン、PCから参加できる。音楽ライブやアニメとのコラボレーションイベントのほか、実際に買い物体験が可能なバーチャル商店街のオープンなどを予定している。

 大阪府と大阪市の提供で、KDDI、吉本興業、博報堂からなる「KDDI共同企業体」が受託、制作する。2025年開催の大阪・関西万博に先がけて大阪の都市の魅力を国内外へ発信するとともに、「City of Emergence(創発する都市)」をテーマに、大阪の新たな文化の創出と、コミュニティの形成に寄与するという。


 2月28日からは「バーチャル渋谷」とワープゾーンで接続され、ふたつの空間の往来が可能になる。

 また、バーチャル大阪内の特設会場にて、3月12日に複数のVTuberによる音楽・トークライブイベント「auじぶん銀行 Presents VIRTUAL MUSIC LIVE」を開催。3月下旬には、au CM楽曲アーティストのHalf time Oldさん、もーりーしゅーとさんなどが登場するライブイベント「旅立つ君との超応援祭」を開催する予定。

キャプション
キャプション
キャプション

 KDDIは、新たな働き方の提案として、バーチャル大阪内を多言語でガイド可能なスタッフや、都市連動型メタバース専門のコンシェルジュの雇用など、メタバース空間内の新しい活用方法についても検討。

 大阪のランドマークや観光地、テーマパークなどと共に、実在都市とバーチャル空間が連動した大阪の都市の魅力や経済圏の拡張を目指すという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]