SIE、「PlayStation VR2」本体とコントローラーの最終デザインイメージを公開

佐藤和也 (編集部)2022年02月22日 22時35分

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は2月22日、開発を進めているPlayStation 5(PS5)向け次世代VRシステム「PlayStation VR2」(PS VR2)と、「PlayStation VR2 Sense コントローラー」の最終デザインイメージを公開した。

「PlayStation VR2」と、「PlayStation VR2 Sense コントローラー」
「PlayStation VR2」と、「PlayStation VR2 Sense コントローラー」

 PS VR2のヘッドセットは、PS VR2 Senseコントローラーとマッチするオーブ型のデザインを採用。丸みを帯びた形は、プレーヤーがバーチャルリアリティの世界に入ったときに感じられる360度の視界を表現したという。

 デザインは、PS5商品群のプロダクトデザインにもインスピレーションを受けているという。PS5をデザインした時から既に次世代VRシステムのヘッドセットデザインも念頭に置きながらデザインに取り組んできたとし、ビジュアルから感触まで、PS5と共通した特徴が感じられるものとしている。

 PS VR2のヘッドセットとPS VR2 Senseコントローラーは、スタイリッシュなデザインであることに加えて、使っていることを意識せずにゲームの世界に没入できるものを目指したもの。そのため、エルゴノミクス(人間工学)に基づいたデザインを重視し、さまざまな頭の大きさの方々が快適に利用できるように検証を重ねてきたという。

 現行のPlayStation VRにおいて好評だったというヘッドセットの重量バランスや、一本のバンドだけで頭部に固定する構造は、PS VR2でも踏襲。また、既にPS VRを利用しているユーザーにも違和感なく使えるよう、ヘッドセットのスコープ部分と顔の距離を調整するためのスコープ調整ボタンや、ステレオヘッドホン端子の位置も共通して配置している。

 PS VR2ヘッドセットは、さらに快適な使い心地を追求するため、両目のレンズ間距離をプレイヤーの目の間隔に合わせることができるレンズ調整ダイヤルを搭載。これによって、プレーヤーごとに合わせた最適な映像体験が楽しめるという。また、ヘッドセットの振動用モーターなど、独自の新機能を追加していながらも、よりスマートなデザインに仕上げたことで、若干の軽量化も実現している。

 また、ユーザーに心地良い感触を楽しめるように、PS5本体やDualSense ワイヤレスコントローラーのデザインにあしらった小さなシェイプス(△〇×□)も、PS VR2ヘッドセットのバンドの前後に採用している。

 なお、PS VR2の開発キットは既にゲーム開発者向けに提供しているとし、ソフトウェアメーカー各社から発売予定のタイトルついては、今後告知していくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]