アマゾンとVISA、クレジットカード手数料めぐり合意

Aimee Chanthadavong  (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2022年02月21日 09時03分

 Amazonは2021年11月、英国でVISAのクレジットカードの取り扱いを一時停止すると通知した。「VISAのクレジットカード決済手数料が高い」ためだとしていた。

Amazon
提供:jetcityimage / Getty Images

 両社の交渉は先週、合意に達したようだ。Amazonの店舗とサイトすべてで、VISAのクレジットカードの取り扱いが継続されることになった。

 Amazonは米ZDNetに対し、「VISAとグローバルな合意に達し、すべての顧客がVISAのクレジットカードを当社のストアで引き続き利用できることになった」と述べた。「Amazonは今後も、便利で選択肢のある決済エクスペリエンスを顧客に提供することに尽力する」(Amazon)

 合意に基づき、オーストラリアとシンガポールの顧客も、VISAのクレジットカード使用時のサーチャージ料を支払う必要はなくなる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]