医療相談アプリのリーバー、累計調達額10億--「感染症AIサーベイランス」の実現に向け

 リーバーは2月10日、LITALICO、CBC、常陽キャピタルパートナーズなどの6社から新たに5.69億円の融資を含む資金調達を実施。2018年5月からの累計調達金額が10億円を突破したと発表した。同社では引き続き、2022年8月末まで資金調達を実施していくという。

キャプション

 同社は、スマートフォンを活用し、24時間365日医師に相談ができる医療相談アプリ「LEBER」を開発。さらに、教育機関に毎日の検温結果と体調、出欠席の報告ができる「LEBER for School」(6カ国語対応)、企業向けに検温・体調報告とストレスチェックを組み合わせられる「LEBER for Business」(6カ国語対応)を全国で展開している。

 今回、医療相談アプリLEBERによるサイバーホスピタルの実現に向けた開発を加速するため、資金調達を実施したという。

キャプション

 具体的には、LEBERの提供体制の拡大や人材採用を強化する方針。また、学校保健領域において毎日収集される健康観察データをもとに、クラスター発生を予測。早期の対策によってクラスター発生を予防するシステム「感染症AIサーベイランス」の実現を図るための開発費および、共同研究費としても活用するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]