Meta、「Instagram」でもアバターを利用可能に--メタバース構築に向け

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年02月01日 10時32分

 Metaは米国時間1月31日、3Dの仮想現実(VR)アバターを「Instagram」で使えるようにしたほか、「Facebook」「Messenger」で既に提供していたアバターも改良したと発表した。スーパーボウルをテーマとした期間限定のジャージなど、プロモーションを目的としたアバター衣装も提供する。同社は2021年9月、VRと拡張現実(AR)を既存のソーシャルメディアプラットフォームに融合するメタバース戦略に注力するとして、社名をFacebookからMetaに変更している。

Instagram
提供:Meta

 アバターはFacebookのプロフィール画像のほか、ステッカーやフィード投稿に利用できる。「Bitmoji」やAppleの「ミー文字」とほぼ同様に、Messengerのメッセージで送ったり、Instagramの投稿に追加したりできる、感情を表すアニメーションだ。アバターのカスタマイズも強化され、スキンシェーダーが改善されたほか、車いす、補聴器、人工内耳も追加された。

 スーパーボウルをテーマとしたプロモーションとして、アバターに無料で追加できるシンシナティ・ベンガルズとロサンゼルス・ラムズをテーマとしたシャツも2月28日まで期間限定で利用できる。

 この機能はまず、米国、メキシコ、カナダで提供される。

Mark Zuckerberg氏のアバター
提供:Meta

 Facebookでは既に、プロフィール画像をアバターにできる機能が提供されていたが、今回のアップデートにより3Dアニメーションが追加された。Instagramでは今回初めてアバター機能が追加された。

 「メタバースは、VRとARのモバイルとコンピューターの懸け橋となる、相互に接続されたデジタル世界であると考えている。すべてのプラットフォームでアバターを使えるようにすることは、メタバースを構築するというビジョンの実現に向けた、われわれの最初のステップの1つだ」と、Metaのアバターおよびアイデンティティー配布担当ゼネラルマネージャーを務めるAigerim Shorman氏は、Zoomを介した今回の変更に関する米CNETとの会話の中で述べた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]