日本科学未来館に20年勤務した人型ロボット「ASIMO」が卒業--記念イベントを開催

佐藤和也 (編集部)2022年01月31日 19時19分

 日本科学未来館(未来館)は1月31日、本田技研工業(ホンダ)開発のヒューマノイドロボット(人型ロボット)「ASIMO(アシモ)」が、3月末をもって卒業することを発表。記念イベントを開催する。

「ASIMO(アシモ)」
「ASIMO(アシモ)」

 ASIMOは、ロボットが人間の生活空間で活動することを目指して2000年に登場。未来館では、2002年1月にインタープリター(展示解説員、現在は科学コミュニケーター)として採用。同年1月13日には「入社式」が行われ、初代館長である毛利衛氏から辞令も手渡された。

 未来館においては、この20年間で累計1万5466回(2021年末時点)の実演を行い、推計200万人以上に親しまれてきたという。同時に新しい機能の実証実験や限定イベントなど、ロボットと暮らす社会について考えてもらう活動も多数実施。卒業は契約終了に伴うものという。

 イベントは「THANK YOU ASIMO! ~未来館卒業おめでとう」と題し、3月18~31日に開催。期間中は、未来館での20年間の活躍を振り返りながら、過去の実演で行っていた動作を見ることができる特別バージョンの実演のほか、特設ブースやSNS企画、来館者がASIMOとの思い出に記念撮影を行える機会(一部事前予約制)も設けるという。詳細はイベントページにて記載されている。

実演するASIMO
実演するASIMO

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]