100%子会社の「KDDIスマートドローン」を設立

 KDDIは1月28日、1月27日に連結子会社(100%子会社)となる「KDDIスマートドローン」を設立したと発表した。4月1日付けでKDDIのドローン事業を承継し、事業を開始する。資本金は2.5億円。

 KDDIは、2016年にドローンの事業化に向けた取り組みを開始。4G LTEなどのモバイル通信を用いてドローンを制御することで、安全な遠隔飛行、長距離飛行を実現するサービスの構築を行っている。

 昨今では、生産年齢人口の減少に伴う労働力不足などの社会課題に対する解決策として、ドローン活用への期待が向上。また、法制度の整備などにより、ドローン事業の環境も変化しているという。

 社会課題の解決や環境変化に迅速に対応すべく、ドローン事業を承継する新会社を設立。4G LTEや5Gなどを用いたドローンによる新たなビジネスの実現や、点検、物流、監視、農業、測量などのさまざまな分野における顧客ニーズに即した機動的なサービスの提供を目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]