セブン-イレブンで「空中ディスプレイ」POSレジの実証実験--非接触で決済

 東芝テック、セブン-イレブン・ジャパン、アスカネット、神田工業、三井化学、三井物産プラスチックの6社は1月28日、非接触・空中ディスプレイ技術を採用したキャッシュレスセルフレジ「デジPOS」の実証実験を、2月1日から順次開始すると発表した。都内のセブン-イレブン6店舗で実施する。

キャプション

 一般的に空中ディスプレイは、ホテルやオフィスなどの受付機、デジタルサイネージなどを中心に展開されているが、POSレジに採用した実証実験は世界初になるという。

 デジPOSは、ディスプレイ、光学素子(空中ディスプレイプレート)、センサーの各モジュールで構成。レジ画面を空中に結像し、空中に浮かんだ映像をタッチパネルと同様に操作可能となる。

キャプション

 なお、クレジットとデビットカード、バーコード決済やセブン&アイグループの電子マネー「nanaco」のほか、交通系電子マネー、「iD」「QUICPay+」「楽天Edy」「Apple Pay」などの決済手段に対応する。

 ただし、お酒、たばこ、切手、ハガキ、印紙、宅急便、公共料金等収納代行、インターネット代金収納、店舗留め置き、金券、各種電子マネーのチャージは利用できない。


 6社では、新たな買物体験を通じて、レジカウンターの省スペース化による販売チャンスの創出や、完全非接触による安全、安心の提供を目的に検証を進めていくという。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]