NetEase Games、「龍が如く」シリーズの名越稔洋氏が代表の「名越スタジオ」を設立

佐藤和也 (編集部)2022年01月24日 19時55分

 NetEaseのオンラインゲーム事業部門であるNetEase Gamesは1月24日、東京に「株式会社名越スタジオ」を設立したと発表。代表取締役社長には「龍が如く」シリーズの総合監督を務めていたことでも知られる名越稔洋が就任する。

 名越スタジオでは、ゲームソフトの経験豊かな開発陣が集結し、高品質な家庭用ゲーム機向けタイトルの開発に注力し、グローバルに展開していく予定という。また「クリエイターの可能性を引き出す」ことをモットーに、オープンかつ包括的な環境で、良質なタイトルの制作とエンターテインメントの本質を全世界に届けることを目指すとしている。

株式会社名越スタジオ
名越稔洋氏(前列右から2番目)と、名越スタジオのメンバー

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]