ソニーのスマートウォッチやメタバース解説--週間人気記事をナナメ読み(1月12日~1月18日)

 CNET Japanで1週間(2022年1月12~18日)に掲載された記事の中から、特に人気を集めた上位5本の記事をご紹介する。どんな記事が読者の関心を集めたのだろうか。

1位:ソニーのスマートウォッチ登場--wena 3にソニーロゴ配した時計を組み合わせ


Xperiaスマートフォンと同色を採用した限定版「wena 3」
Xperiaスマートフォンと同色を採用した限定版「wena 3」

 バンド部に活動計や電子マネー機能などを内蔵したスマートウォッチ「wena」に、ソニーのスマートフォン「Xperia 1 III」とマッチするデザインを採用した限定モデル「wena3 Frosted Black Edition Styled for Xperia WNW-SB22A/B」が加わる。1000本限りの製品だが、ソニーファン垂涎の一品となりそうだ。

2位:2022年はアバターを作ってメタバースに飛び込む年に


Varjoのヘッドセット「XR-3」
提供:Scott Stein/CNET
Varjoのヘッドセット「XR-3」 提供:Scott Stein/CNET

 米CNET記者による、メタバースにアクセスするために重要なアイテムとなるヘッドセットなどのハードウェア紹介。ソニーの「PS VR」や、近々で登場が噂されているApple製ヘッドセット、Qualcomm製チップを搭載したスマートフォン接続型ヘッドセットなどを紹介している。

3位:接触確認アプリ「COCOA」で通知を受けたらどうする?--PCR検査を経験した4人のリアル


このような通知が来たら検査を受けよう
このような通知が来たら検査を受けよう

 2020年9月の記事だが、昨今のコロナウイルス感染者拡大を受けてかランクイン。厚生労働省がリリースした新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」で接触反応があったと告知された3人の実体験と検査などについて詳しくレビューしている。

4位:北京五輪に個人のスマートフォンを持参しないよう米五輪委が米選手に勧告か


提供:IOC
提供:IOC

 2022年2月の開催が迫っている中国は北京で開催される冬期五輪。中国による通信監視などのセキュリティ面の懸念から、米国の選手団は個人のスマートフォンではなく、プリペイドのスマートフォンを持参するように勧告されているという。

5位:写真でみる曲面スマホ「バルミューダフォン」--開封の儀からセットアップまで


バルミューダフォン
バルミューダフォン

 バルミューダ初のスマートフォン「BALMUDA Phone」。近年のスマートフォンのトレンドとは異なる4.9型の小型筐体が特徴の端末だ。1月初旬には技術基準適合証明の認証で不手際が見つかり、販売を停止していたが、同14日から販売を再開している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]