ドコモ、3Dアバターへリアルタイムに表情を伝送する遠隔接客システムを開発

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモ(ドコモ)は1月13日、NTTグループが展開するXR事業(NTT XR)の取り組みのひとつとして、3Dアバターへリアルタイムに表情を反映する遠隔接客システムを開発したと発表した。

 
 

 同システムは、接客中のオペレーターの表情をウェブカメラで撮影し、仮想空間のオペレーター役の3Dアバターへリアルタイムに伝送。利用者は、VR機器やPC、タブレットを通して3Dアバターによる接客が受けられる、というものになる。

 
 

 これまでのアバターによる接客とは異なり、リアルタイムにオペレーターの表情を反映するため、より対面の接客に近い感覚が得られるのが特徴。また、「リアル」「デフォルメ」の2種類からアバターが選べ、シーンや業種に合わせた対応が可能だという。

 
 
 
 

 アバターや表情表現には、フォトリアルなアバターの顔を生成できる、米国Pinscreenの「ニューラルレンダリング技術」(機械学習を用いてCGのレンダリング処理を2次元画像の情報のみで実現する技術)などを活用。よりリアルな表現を実現しているという。

 さらに、アバターによる表情伝送に加え、音声通話のほかにも画面共有や文字チャットなど、接客応対に必要となる機能も備えている。

 同社によると、スマートフォンやタブレットを介して利用する場合も、レンダリングをシステムのサーバー側で行いストリーミングするため、端末のスペックに依存することなく、高品質なアバターが利用できるという。

 今後は、実際の接客シーンでのトライアルを踏まえながら商用化を目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]