アップルのAR/VRヘッドセット、96W USB-C電源アダプターを採用--著名アナリスト

Attila Tomaschek (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2022年01月12日 12時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが開発中とうわさされている拡張現実(AR)/仮想現実(VR)ヘッドセットについて、TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏は投資家向けリサーチノートの中で、ハイエンドノートPC「MacBook Pro」の14インチモデルと同じ96W USB-C電源アダプターが採用されるとの見方を示したという。MacRumorsが米国時間1月10日に報じた。記事によると、Kuo氏は、同ヘッドセットがMacと同等の処理能力を備えることになると述べたという。

Appleのロゴ
提供:James Martin/CNET

 Kuo氏はまた、このヘッドセットには5nm製造プロセスのチップに加えて4nmのチップも搭載されるとした。同氏は2021年11月、より高性能のプロセッサーはMacに搭載されている「M1」チップと同等の処理能力を有することになるとしていた。

 Appleのヘッドセットをめぐる別のうわさとして、BloombergのMark Gurman氏は、Appleがメタバースに関するすべての話題を受け入れているわけではないことを示唆している。同氏のツイートによると、Appleは、ヘッドセットを完全に没入型の仮想体験としてではなく、「短い時間のゲーミング、コミュニケーション、コンテンツ消費」に利用されるデバイスとして位置付ける計画だという。

 Kuo氏は11月、AppleのAR/VRヘッドセットが2022年の第4四半期に登場する可能性があるとの予測を示していた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]