日本でもマイクロソフトの2画面スマホ「Surface Duo 2」発売へ--約18.5万円から

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マイクロソフトは1月7日、スマートフォン「Surface Duo 2」を日本でも1月11日に発売すると発表した。

 一般向けの市場想定価格(税込)は、128GBモデルが18万4580円、256GBモデルが19万6680円、512GBモデルが22万880円の見込み。

 法人向けの価格(税別)は、128GBモデルが16万9800円、256GBモデルが16万9800円で、512GBモデルはない。

Surface Duo 2ではスタイラスペンも利用できる
Surface Duo 2ではスタイラスペンも利用できる

 Surface Duo 2は、米国で2021年10月21日に発売した製品だ。タブレットPCでおなじみのSurfaceシリーズに属するスマートフォンで、OSはAndroid 11を搭載している。

 米国やカナダなどでは先代モデル「Surface Duo」も発売されていたが、マイクロソフト製の2画面スマートフォンは今回のSurface Duo 2が日本で初めてとなる。

 画面サイズは8.3型のAMOLED「PixelSense Fusionディスプレイ」を搭載。画面を折りたたんだ際は5.8型となる。リフレッシュレートは最大90Hzでの駆動に対応し、最大明度は800nit、HDRなどにも対応する。

 デュアルスクリーンの特性を活かし、2つのアプリを同時に表示し利用できるのが特徴だ。マイクロソフト製らしく、Microsoft 365やTeamsとの連携も強化されているほか、別売りのスタイラスペンでの操作にも対応する。

 主なスペックは、SoCがSnapdragon 888、メモリが8GB。内蔵ストレージは128GB、256GB、512GBの3種類。5G通信(Sub-6のみ)にも対応し、eSIMと物理SIMスロット(Nano SIM)を搭載する。カメラはトリプルレンズで、4K解像度や広角の撮影にも対応する。

 本体サイズは、縦145.2mm×横184.5mm(折りたたみ時は92.1mm)×厚さ5.50mm(折りたたみ時は11.0mm)。重量は284g。本体カラーはオプシディアンとグレイシアの2色がラインアップする。

 なお、米CNETの記者によるSurface Duo 2の実機レビューも掲載している。

Windows 11に最適化した「Surface Pro X」なども発売

 このほか、13型のPixelSenseディスプレイを搭載し、774gの軽量設計を特長とする2in1「Surface Pro X」のWi-Fiモデル、10.5型のPixelSenseディスプレイを搭載し、最大11時間のバッテリ駆動が可能な「Surface Go 3」のLTEモデル、2021年11月に発売した「Surface Pro 8」の法人向けモデルなども発売予定だ。

Surface Pro X
Surface Pro X

 Surface Pro XのWi-Fiモデルは1月11日に発売し、一般向けの市場予想価格(税込)は12万5180円から。Surface Go 3 LTE Advancedは2月8日より順次出荷予定で、一般向けの市場想定価格(税込)は10万7580円。

 法人向けの価格(税別)は、Surface Pro X Wi-Fiモデルが10万9800円から、Surface Go 3 LTE Advancedが6万6800円から、Surface Pro 8は、LTE非搭載モデルが12万2800円、LTE搭載モデルが14万5800円からとなっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]