フードデリバリー「menu」、配達可能距離を約2倍に拡大--注文可能店舗数は3倍に

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フードデリバリー事業を展開するmenuは1月7日、デリバリー&テイクアウトアプリ「menu」の配達可能距離を約3kmから約6kmに拡大すると発表した。この拡大で、東京23区の一部エリアでは注文可能店舗数が3倍以上になるという。

配達可能距離を約3kmから約6kmに拡大した
配達可能距離を約3kmから約6kmに拡大した

 menuでは、ユーザーごとに好みを認識し、店舗掲載表示順を最適化する独自レコメンドAIも同時に導入した。一部エリアでは4000店舗以上の選択肢がある一方で「多すぎて選べない、何を頼んでいいかわからない」という声が多くあったという。独自レコメンドAIにより、ユーザーにマッチした店舗を見つけやすくなることから、配達可能距離の拡大を決めたとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]