HTC、手首に装着する「Focus 3」向けVRトラッカー「VIVE Wrist Tracker」発表

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年01月06日 14時48分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大きいうえにデザインも風変わりだ。腕時計のバンドにマウスがくっついたような形で手首に巻き付く。HTCの「VIVE」ブランドがついに仮想現実(VR)コントローラーの未来を探り当てたかもしれない。

VIVE Wrist Tracker
提供:HTC

 HTCが「CES 2022」で発表した製品の中に、新しいヘッドセットはなかった。2021年には、スマートフォンとつなぐ実験的な「VIVE Flow」のほか、PCに接続して使用する「Vive Pro 2」とビジネス用途を想定したスタンドアロン型ヘッドセット「Vive Focus 3」が発表されている。それでも筆者は、「VIVE Wrist Tracker」をより一層興味深いと感じた。

 VIVE Wrist TrackerはVive Focus 3向けのVRトラッカーだ。多くのVRコントローラーと同じく6自由度(DoF)のフルモーショントラッキングに対応している。また必要に応じて、手首以外の物に取り付けることもできる。Focus 3のコントローラーより85%小さく、重量は63gでコントローラより50%軽量だ。手のほか、指先から肘までをトラッキング可能で、ヘッドセットからトラッカーが見えない時でも動きを予測するという。

 HTCは、VRを利用した消火訓練プログラムのような、手で物を持ったり動かしたりする必要がある訓練などで、このリストトラッカーを活用できると考えているようだ。

VIVE Wrist Tracker
提供:HTC

 ヘッドセットはVIVE Flowのように小型化が進み、場所を選ばず装着できるデザインになるとすれば、コントローラーにも極めて優れた携帯性が求められるようになるだろう。

 VIVE Wrist Trackerは129ドル(約1万5000円)で、米国で2022年の早い時期に登場する予定だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]