Uber Eats、風邪薬など医薬品の取り扱い開始--クスリのアオキ各店舗から

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uber Japanは1月5日、石川県を中心に中部、関東、近畿エリアで33店舗を展開するクスリのアオキと提携し、風邪薬や頭痛薬、胃腸薬など計180種類以上の一般用医薬品(第2類、第3類)をUber Eatsで注文できるようになったと発表した。


 クスリのアオキは、Uber Eatsで利用できる初のドラッグストアチェーン。医薬品のほか、日用品やスキンケア商品、冷凍食品や日配品、離乳食、アルコール類など1150種類の配達に対応する。

 米国では2020年11月からUber Eatsで処方薬の配達サービスを提供している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]