テスラ、第4四半期の出荷台数が過去最高に--2021年は100万台に迫る

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年01月04日 10時54分

 Teslaは米国時間1月2日、2021年第4四半期の電気自動車(EV)の出荷台数が30万8600台だったと発表した。2021年第3四半期の24万1300台を上回り、過去最高の四半期出荷台数を記録した。サプライチェーンの問題があった中、第4四半期の生産台数も30万5840台と好調だった。

Tesla
提供:Tim Stevens/Roadshow

 Teslaは通常通り、現在販売している4車種を2つのグループ「Model S/X」「Model 3/Y」にまとめて台数の実績を示している。出荷台数の大多数を占めたのはModel 3/Yで、第4四半期の合計出荷台数は29万6850台だった。Model S/Xは1万1750台となった。

 年間の生産台数は93万422台、出荷台数は93万6172台だった。生産台数はModel 3/Yが90万6032台、Model S/Xは2万4390台となっている。

 Teslaは2022年に、テキサス州オースティンに新工場を開設し、Model Yを生産する予定だ。「Cybertruck」の生産も開始するとみられる。Teslaはドイツのベルリンにも、欧州で同社初となる工場の開設を予定している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]