VRIコラム

「#auネトフリ論争」のストーリー

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 企業が生活者とコミュニケーションしていくには、何よりも“ストーリー”が重要です。この場合の“ストーリー”とは、相手の感情を動かすエピソードや仕組みを指します。

 12月13日から始まった「au」と「Netflix」のコラボキャンペーン「#auネトフリ論争」には、多くの人を巻き込むストーリーがありました。

 「ドキドキ、ハラハラを味わいたい…そんな時に観るべきは復讐劇の最高峰『梨泰院(イテウォン)クラス』? それとも全世界熱狂のサバイバル『イカゲーム』?」という議題に始まり、Netflix好きならつい盛り上がってしまいそうな“どっち派!?”問題を、12月下旬までに計3ラウンド「Twitter」上で展開されてました。

 また同じくauとNetflixのコラボとして、auの「意識高すぎ!高杉くん」シリーズの新CMも全国で放映が始まっています。神木隆之介さん演じる「高杉くん」たちは、西野七瀬さん演じる「貯杉先生」が発する言葉がNetflixで配信中のドラマのセリフそのままなのに気づき「観てるよね?」と確認しあいます。

 さらにNetflixを起動したときに鳴る「ドゥドゥーン」という音を真似する貯杉先生に、松本穂香さん演じる「松本さん」が思わず「観すぎ!」とツッコむという構成になっています。

 実はこの「ドゥドゥーン」は、先行して11月に実施されていた「#auネトフリ論争」の議題「あなたは『ドゥドゥーン』と『ダダーン』どっちに聞こえる?」で、「ドゥドゥーンに聞こえる」のほうが多く票を集めたことを受けてのセリフでした。

 論争のアンケート結果と、CMのラストのセリフが連動していくというストーリーになっているのです。投票した人にとっては参加した気分になりますね。

 #auネトフリ論争のTwitter上での投票参加方法は、対象ツイートの回答ボタンを押して投稿するだけ。投票した人全員に、au公式アカウントより、TVCMの「貯杉先生」の限定動画(全5種のうちランダム1種)がリプライでプレゼントされるという仕組みです。

 投票の結果は、各ラウンドごとに順次Twitter上とキャンペーン公式ホームページで発表されていきます。今後も論争の結果がTVCMのセリフなどに反映されていくかもしれません。

 このように、優れたコミュニケーションには必ずストーリーがあります。あなたの会社のコミュニケーションには、インタラクティブなストーリーがありますか?

◇ライタープロフィール
川上徹也(かわかみ てつや)

広告代理店勤務を経て、コピーライターとして独立。最近は広告制作に留まらず、「ストーリーブランディング」の第一人者として、様々な企業・団体のマーケティング・アドバイザーをつとめる。最新刊は『江戸式マーケ 400年前なのに最先端!』(文藝春秋)。

この記事はビデオリサーチインタラクティブのコラムからの転載です。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]