IT×物流のCBcloud、約60億円を資金調達--緊急・即日配送サービスも

 CBcloudは12月17日、国内・海外の機関投資家や事業会社を引受先とする第三者割当増資(シリーズCラウンド)および、大手金融機関からの追加融資枠設定により、総額約60億円の資金調達を実施したと発表した。

 
 

 今回の調達により、2016年9月からの融資を含む累計調達額は、約80億円となった。

 同社は、2013年の設立以降、荷主と配送パートナーを直接つなぐプラットフォーム「PickGo」や、運送会社向け業務支援システム「SmaRyu」、宅配事業者向け業務支援システム「SmaRyuポスト」などのサービスを提供。

 これにより、配送パートナーの価値が正当に評価される仕組みづくりと、配送現場の生産性改善に取り組んできた。

 その結果、PickGoの二輪車・軽貨物の個人パートナーは合わせて4万人、一般貨物の協力運行会社は1000社を超え、日本最大級の配送プラットフォームへと成長している。

 また、SmaRyuトラックの導入社数は880社以上あり、SmaRyuポストは2021年度末までに全国750局の郵便局への導入を予定する。

 今回調達した資金については、プロダクト強化やマーケティングだけでなく、事業を成長させていくための人材採用に充当する予定。

 さらに、多様な業界の企業とのアライアンスを通じて、ポストコロナ時代に適したモノの流れを実現し、顧客企業のビジネス拡大を支援していくという。

 
 

 同社によると今後は、サービス・プロダクト強化として、同社のプラットフォームの特徴を生かした緊急/即日配送サービスを「PickGoエクスプレス」と再定義。従来の法人・ウェブ経由のみならず、個人でもアプリを経由して依頼できるよう変更し、今まで未対応だった買い物代行以外での、個人の配送ニーズの取り込みを図る。

 また、「PickGoエンタープライズ」を新たに定義し、PickGoの配送パートナー、飛行機、鉄道などのアライアンスを含む配送インフラネットワークや、テクノロジーをフル活用することで、顧客企業の個別ニーズに応じた物流を構築・提供していく。

 これによりたとえば、ネットコンビニやネットスーパーなど、従来は難しかった短いリードタイムでの配車や、予測しにくい需要変動への対応が可能になる。同社では、PickGoエンタープライズを通じて、顧客企業の物流費用削減のみならず、売上成長や新たな事業の創出なども支援していくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]