Instagram、保護者による時間制限などを可能に

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年12月08日 09時58分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 写真共有アプリのInstagramは米国時間12月7日、10代ユーザーの安全を守ることを目的としたペアレンタルコントロールなどの新機能を発表した。最高経営責任者(CEO)のAdam Mosseri氏は翌8日、米議会で証言する予定だ。

Instagramのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 Instagramは新機能の1つとして、10代の子供のアプリ使用時間を保護者が制限できるようにする。また、10代のユーザーがInstagramで誰かを報告する場合に、保護者に通知できるようにする。これらのペアレンタルコントロール機能を2022年3月に提供開始し、その後もさらに機能を追加する計画だ。

 また、アプリの使用時間があらかじめ設定された一定時間に達すると、アプリから一度離れるように促す「Take a Break」機能をリリースした。既に発表済みだったこの機能は7日、米国など数カ国で提供開始された。

 Mosseri氏が8日に証言する上院公聴会では、Meta傘下のInstagramが、若年ユーザーに対する同サービスの影響について何を知っていたかが主に問われる予定だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]