サムスン、3人のCEOを全て交代--家電とモバイルの部門を統合

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年12月08日 09時26分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは12月7日、事業再編を発表した。その一環として、3つの主要事業部門の責任者を交代し、モバイル部門と家電部門を統合する。同社にとって、この4年間で最大の事業再編だ。

サムスンのロゴ
提供:Jung Yeon-je / AFP/Getty Images

 映像ディスプレイ部門プレジデントを務めていたハン・ジョンヒ氏が、家電部門とモバイル部門の統合で新設されたSET部門の最高経営責任者(CEO)に昇格した。

 また、半導体設計の専門家で、サムスンエレクトロメカニクスのCEOを務めていたキョン・ゲヒョン氏が、半導体事業を含むデバイス・ソリューションズ部門のCEOに昇格した。

 サムスンは、今回の変更について、成長促進と競争力強化を狙ったものだとした。

 同社は、2013年にCEO3人の経営体制に移行しており、6日に発表された経営陣交替は、3人のプレジデントをCEO職に昇格させた2017年以降、経営体制に対する最も大きな変更だ。この4年間CEO職に就いていた3人は、消費者家電業界の競争が激化する中、それぞれの職位にとどまるものと広く予想されていた。

 3人は、巨大財閥であるサムスングループの経営者一族の御曹司であるJay Y. Lee氏が服役している間の、安定を維持する役割を担っているともみられていた。Lee氏は2017年、前韓国大統領への贈賄罪で有罪判決を受けて収監された。8月に同氏が仮釈放された数日後に、サムスンは、半導体、バイオ医薬品、通信機器などの事業に2050億ドル(約23兆円)を投資する計画を発表した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]