DoorDash、15分以内の「超高速」配達をスタート--ニューヨーク市で

Macy Meyer (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年12月07日 13時53分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フードデリバリー大手のDoorDashは米国時間12月6日、家庭に日用品を直接届けるニューヨーク市での新サービスを発表した。まずは同市のチェルシー地区にある「DashMart」の新拠点を利用して、15分以内で「超高速」配達するという。今後数カ月でより多くの拠点を追加するとしている。

DooeDashのロゴ
DoorDashの「超高速」配達がニューヨーク市でスタート。
提供:Gabby Jones/Bloomberg/Getty Images

 チェルシー地区の拠点は毎日午前7時から深夜2時まで営業し、食料品、家庭用品、冷凍食品、地元の産品を顧客に提供する。

 DoorDashによると、新しい配達サービスはメインのDoorDashプラットフォームとは異なり、独立した請負業者ではなく従業員が運営する。新会社DashCorpsが現地で従業員を採用し、配送などを担う。DashCorpsにはフルタイムの従業員とパートタイムの従業員が混在し、あらかじめ設定されたスケジュールに沿って働くという。時給は15ドル(約1700円)以上で、チップも受け取れる。

 DoorDashは、「この発表はDoorDashが創業時から追求してきたことの多くをまとめたものだ。それは、顧客を近所で最高の場所につなげること、小売業者に繁盛のためのチャネルとリソースを提供すること、当社のプラットフォームで収入を得ている人々に経済的な機会を提供することだ」としている。

 対象地域では、DoorDashのアプリまたはウェブサイトから商品を注文できる。

 DoorDash以外の企業もデリバリーサービスを拡大している。同社が日用品配送サービスのDashMartを始めたのは2020年8月のことで、以来激しい競争にさらされている。AmazonやInstacart、Uberといった競合はすでに即日配送のサービスをスタートしている。Walmartは最近、ドローンによる空からの食料品配達さえ立ち上げている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]