高リスクのユーザーを守る「Facebook Protect」、2段階認証を必須に

Bree Fowler (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年12月03日 08時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookを運営するMetaは米国時間12月2日、特に知名度が高いユーザーやリスクの高いユーザーを対象に、2段階認証によるアカウント保護を必須にしていくと発表した。

MetaのZuckerberg CEO
提供:Screenshot by CNET

 この新しいセキュリティ要件は、「Facebook Protect」プログラムの登録ユーザーに適用される。同プログラムは、サイバー犯罪の標的になる可能性が高い、人権活動家、ジャーナリスト、政府高官、その他の著名ユーザーに提供されている機能で、アカウントを監視してハッキングの脅威がないかも確認する。

 2段階認証は、専門家によって広く推奨されているセキュリティ策だ。アカウントのパスワードに加えて、スマートフォンのプッシュ通知、生体情報、物理的なセキュリティキーといった、第2の認証情報を求めることによって、ユーザーのアカウントにもう1段階の保護層を加える。そうすることで、ユーザーのパスワードが漏れたとしても、アカウントの保護が維持される。

 Meta(旧Facebook)は2018年にFacebook Protectの試験を開始し、2020年の米大統領選を前にその提供範囲を拡大した。2022年には米中間選挙が控えている。

 同社は2021年9月にFacebook Protectを世界的に拡大する取り組みを開始。それ以降、約150万件のアカウントがこれを有効化し、そのうち95万件が新たに2段階認証を有効化した。同社は2021年末までに、このプログラムを50カ国以上に展開する計画だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]