アトラス、Nintendo Switch版「十三機兵防衛圏」を2022年4月14日に発売

佐藤和也 (編集部)2021年11月29日 18時05分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アトラスは11月29日、アドベンチャーゲーム「十三機兵防衛圏」のNintendo Switch版を、2022年4月14日に発売すると発表した。価格は6980円(税別)。

 十三機兵防衛圏は、2019年11月にPS4用ソフトとして発売。主人公である13人の少年少女のストーリーが複雑に絡み合いながら進行するアドベンチャーゲーム。「崩壊編」「追想編」「究明編」の3つのパートが用意され、日常に起こる事件から破滅の運命の真相を探求していくアドベンチャーパート「追想編」、機兵に乗り込み怪獣と戦い、世界を守るバトルパート「崩壊編」、「究明編」ではイベントアーカイブやミステリーファイルで物語の振り返りや考察が楽しめるようになっている。

パート選択
パート選択
チーム編成
チーム編成
クラウドシンクシステム
クラウドシンクシステム

 Nintendo Switch版では、PS4版のダウンロード豪華版特典「デジタル・シークレットファイル」と先着購入特典「デジタル・アートワークス」がダウンロードコンテンツ(DLC)特典として用意されているほか、パッケージ版ではリバーシブル仕様のジャケットとなり、裏面イラストは新規描き下ろしとしている。またゲーム内追加要素として、「崩壊編」のバトルで使用可能な兵装を、主人公1につき2種類(計26種類)追加しているほか、ゲーム中のボイスに英語音声を追加している。

Nintendo Switch版ジャケットイメージ
Nintendo Switch版ジャケットイメージ
Switch版特典画像
Switch版特典画像
Nintendo Switch版ゲーム内追加要素の兵装
Nintendo Switch版ゲーム内追加要素の兵装
Nintendo Switch版ゲーム内追加要素の兵装
Nintendo Switch版ゲーム内追加要素の兵装

 発表にあわせて、公式サイトやプロモーション映像を公開。また、同日から2周年を記念したオリジナルグッズの発売も開始している。

(C)ATLUS (C)SEGA All rights reserved.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]